2018年11月12日

こんな校長、ホントにいるの?4

校長のやりがい、それは何か?

自分の学校経営ができる

これに尽きるのではないでしょうか。

学校に関することで決めることは、たくさんあります。
もちろん、文科省や教育委員会の意に反してはいけませんが、
裁量の範囲で

自分で決定することができる

のです。これが校長の醍醐味でもあります。
しかし、中には

自分で決断できない校長


がいるのです・・・。

とある学校のとある校長の話

この校長は、自分で決めることを全くしません。
職員や教頭から、決断を迫られると
校長室から先生方を追い出します。
そして
先輩校長に電話をかけ、判断を仰ぐのです。
先生方は自分の学校を「先輩付属小」と呼んでいます。


※この話がフィクションかどうかは、読者がご判断ください。




  


Posted by nori910 at 22:49Comments(0)

2018年11月05日

こんな校長、本当にいるの?3

放課後の職員室
センセイもできるだけ早く帰りたい気持ちでいっぱい

パソコンでお便りをつくるセンセイ
テストの採点をするセンセイ
明日の準備をするセンセイ

とにかく放課後のセンセイは忙しい。

そこに、ふらっと校長室から、校長が職員室にやってくる

退勤時刻を過ぎたのだから、帰宅すればいいのだが
特にすることがあるわけでもなく、残っている。

職員室のソファーに腰掛け、新聞を読み始める。

もちろん、センセイ達は興味なしの素振り。

次に、校長から出た言葉に、職員室は凍り付いた。

「◯◯って居酒屋、生ビール祭り始めたんだって! △△センセイ行かない?」

そう、校長が新聞で読むのは、スポーツ欄か、飲食店の広告だけだ。

そのとき、「早く帰ってほしい」と思ったのは、教頭だけではないはずだ。

※この話がフィクションかどうかは、読者がご判断ください。




  


Posted by nori910 at 23:15Comments(0)

2018年11月01日

こんな校長、ホントにいるの?2

ある日、校長に

「教頭先生、ちょっと校長室に来てくれ。」

と呼ばれた。

何事か?また叱られるのか?
と、恐る恐る校長室の扉をノック

「失礼します。何か御用でしょうか。」

「すまんが、ネクタイを貸してくれないか。」

「は?ネクタイですか・・・・・・」

校長の胸元を見ると、ネクタイをしていない!
今日は大事な来客があるのに!!!!

そうして校長は、教頭のネクタイを借りて一日を過ごしました。

※この話がフィクションかどうかは、読者がご判断ください。


  


Posted by nori910 at 22:11Comments(0)